* 全記事リスト *    

2017/10
<<  1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31  >>
母の米寿を祝う食事会(2)
10月17日(日)、予定していた「母の米寿を祝う食事会」を海の見えるホテルのレストランで開きました。

誰もが好きなものを食べられるようにとランチバイキングで母を祝いました。

参加したのは、姉ふたりと下の姉の夫の3人と、上の姉の娘(つまり僕の姪)とその姪の娘(つまり姉の孫)の2人と、僕たち2人と、そして、母の計7人。

姉ふたりと母の3人と、僕のパートナーの幸雄はすでに面識があるけれど、姪とその娘(4歳)はこれまでに面識がありません。

僕も姪と会うのは久方ぶりで、姪がまだ4歳で僕が大学生のときに一度会ったきり。

大人になり、4歳の娘もいる母となった姪が、僕たちふたりをどんな風に見るか、ちょっと心配でした。

linekazoku02.gif

約30年ぶりに会う姪、お互い、恥ずかしさが先立って、レストランで顔を合わせたときは、あいさつもろくに交わせず、ただ、会釈するだけでした。

でも、全員がテーブルに着き食事を始めると、僕らがゲイのカップルであろうと、そんなことは気にもしない感じで会話ははずみました。

姉の夫も、パートナーの幸雄と普通に会話していました。

年齢が近いので話題が合うのか、仕事の話などで盛り上がってるようでした。

親族の誰もが僕らを受け入れてくれているのは、パートナーの幸雄が、来年、数えで60歳になることを知ると、姉や姉の夫、姪や母が、「来年は岡田さん(僕のパートナーの幸雄)の還暦祝いをしよう」と言い出したことからでも充分にわかります。

そんなわけで今度は、「幸雄の還暦を祝う食事会」の計画を僕と幸雄のふたりでたてることになりました。

そんなふうに、みんなの表情や話しぶりで、ゲイである僕たちふたりも快く受け入れられていることが充分にわかる食事会でした。

linekazoku02.gif

ゲイである僕たちふたりが受け入れられたのは、参加者全員が親族だからでしょう。

職場や学校となるとこんな風にはいきません。

職場や学校でゲイをカミングアウトしている人はまれです。

でも、実際にはゲイは身近にいます。

10人も集まれば、おそらく1人はいるでしょう。

たいていの職場や学校のクラスには、必ず、ゲイがいると思って間違いないと思います。

たとえテレビなどでゲイが活躍していても、身近にゲイがいると思っている人はあまりいません。

ほとんどのゲイがゲイであることを隠して生活しているので、身近にゲイがいることに気づく人は少ないのです。

でも、実際には誰もが思っている以上にゲイは身近にいます。

ストレートもいてゲイもいる。それが、普通の社会だということに誰もが早く気づいて欲しいものです。

--- to be continued ---

FC2ブログランキングに参加中!
↓よろしかったらクリックお願いします。


☆⌒(*^-゚)v Thanks!!
スポンサーサイト
Secret
(非公開コメント受付中)

相互リンク募集中!
リンクフリー。下記のバナーをお使いください。
Translate this page
メール待っています。
↓ こちらからお願いします。

名前:
メール:
件名:
本文:

ブログランキング
↓プチッとクリックお願いします。
ブログランキング・にほんブログ村へ
オススメ小説
楽天
最近のコメント
カテゴリー
Amazon.co.jp
最近の記事
月別アーカイブ
リンク
最近のトラックバック
RSSフィード
プロフィール

幸せ家族

Author:幸せ家族
僕 : 正一
パートナー : 幸雄
愛犬 : ショーン
の3人家族です。

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

アクセスカウント
リンク
オススメ LINK


SindBad Bookmarks
オススメ小説