* 全記事リスト *    

2017/10
<<  1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31  >>
あらためて現在の二人の状況を紹介(ブログを始めてから10年が過ぎようとしているので)
まず、私について。

kugiri04.gif

私は、大学を卒業してから、

大型汎用機のプログラミング等SEの仕事をしていましたが

52歳でプログラマー等SEをリタイア。

それまで、プログラマー以外の仕事はしたことがありませんでしたので

それ以降は完全にリタイアするつもりでした。

でも、経済的にいっぱい余裕があるわけでもなく

リタイア生活はすぐ退屈することに。

それで、社労士の勉強を始めて

55歳のときに合格。

しばらく役所等で臨時職員として

社会保険の仕事をしたりしていましたが

ハラスメント等を苦に辞職。

でも、ただで辞めるなんて悔しいので、

社会保険の知識を生かして

傷病手当を1年6か月受給、

その後は失業手当を受給。

現在は、失業手当を受給しながら、

次はどうしようかと思っているところです。

kugiri04.gif

相方は・・といえば、57歳までは上場企業の社員だったけれど、

57歳の時に健康を優先して退職。

その後は、不動産会社でマンション管理人などを

していましたが、60歳でそこも退職。

現在は退職前から受給していた障害年金を

継続して受給して生活しています。

相方は、おそらく今後はもう働くことはないでしょう。

完全リタイアです。

kugiri04.gif

私は、まだ年金を受給できる年齢でもないので

もう少し働きたいと思っていて、

現在、今後何ができるか検討中です。

kugiri04.gif

そんなわけで、ふたりとも今は働いていません。

それでも、以前、ふたりとも働いていたころには

比較的余裕があったことから、そのころの貯蓄と

相方の障害年金、私の失業手当、そして、株式運用などで

なんとか生活している次第です。

kugiri04.gif

最近は、「下級老人」などという言葉が流行し

このままでは将来、老人の4人に1人は

生活保護レベルの生活しかできなくなると

言われています。

若いころは、ふたりとも働いていて余裕もあっただけに

まさかそんなことになるはずはない

とそんなふうに、僕たち二人も思っていて、

これまでは、老後の生活に

経済的不安など感じたことはありませんでした。

でも今は、ちょっと何か予期せぬことが起こったりしたら

僕たち二人だってどうなるかわかりません。

実際のところ、今は、ほとんど、

これまでの貯蓄を頼りに生活しているところがあり

「「下級老人」という言葉も、もう、他人ごとではない。」

そんなふうに思う状況になってきており

油断できない状態です。

kugiri04.gif

「老後はもう目の前の二人」

いや、「もうすでに老後が始まっている二人」

「下級老人に陥らないために、

何かできることをしなければならない。」

私は今、そう思っています。

kugiri04.gif

ゲイであろうと、ストレートであろうと

老人の置かれている現状は何も変わりません。

kugiri04.gif

これが、今、二人の置かれている状況なのです。

ブログランキングに参加中!
↓よろしかったらクリックお願いします。

  ☆⌒(*^-゚)v Thanks!!
スポンサーサイト
Secret
(非公開コメント受付中)

相互リンク募集中!
リンクフリー。下記のバナーをお使いください。
Translate this page
メール待っています。
↓ こちらからお願いします。

名前:
メール:
件名:
本文:

ブログランキング
↓プチッとクリックお願いします。
ブログランキング・にほんブログ村へ
オススメ小説
楽天
最近のコメント
カテゴリー
Amazon.co.jp
最近の記事
月別アーカイブ
リンク
最近のトラックバック
RSSフィード
プロフィール

幸せ家族

Author:幸せ家族
僕 : 正一
パートナー : 幸雄
愛犬 : ショーン
の3人家族です。

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

アクセスカウント
リンク
オススメ LINK


SindBad Bookmarks
オススメ小説