* 全記事リスト *    

2017/11
<<  1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30  >>
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ゲイには、損な年金制度!! (ゲイには払っただけ還ってこない)
ゲイならば、可能な限り、年金保険料は免除申請して、

出来る限り、年金保険料は払わない方がお得です。


kugiri04.gif

社会保険の勉強をしてわかったことです。

40歳からの年金基礎勉強 (小学館文庫)40歳からの年金基礎勉強 (小学館文庫)
(2000/02)
富士総合研究所生活社会動向プロジェクト

商品詳細を見る

kugiri04.gif

年金制度は、ストレートの夫婦を極めて手厚く優遇し、

一方で、独身者をないがしろにしています。

kugiri04.gif

たとえば、ストレートの夫婦の妻は、

生涯、1円も保険料を負担していなくても、

老後には、満額の年金を受け取れたりします。

1円の保険料も負担していないなら、このお金は、いったいどこから出てくるのか?

それは、独身者が負担している保険料などで賄っているのです。

つまり、独身者が払っている保険料は、

ストレートの夫婦の手元へと流れているということです。

kugiri04.gif

ストレートの夫婦を優遇しているケースは、

他にもいっぱいあります。(加給年金、配偶者特別加算等、他)

妻帯者を優遇している理由は、年金制度が制定されたころは、

生活の一般的なスタイルは夫婦であり、

その生活を維持しているのは男性であったため、

妻である女性を救済する意味がありました。

でも、独身者が多く、また、男女雇用機会均等で、

女性も積極的に社会に進出している今の時代に、

ストレートの夫婦をここまで優遇するのは行き過ぎだし、もはや時代遅れです。

生活保護受給者でも、夫婦より独り者の老人の方が多く、

救いが必要なのは、老夫婦より独り者のはずです。

にもかかわらず、現在の年金制度は、老夫婦のためにつくられたもので、

独身者は、その食い物にされていると言っても過言ではありません。

kugiri04.gif

ただでさえ、少子化と平均寿命の延びなどで、年金の財源が底をつき、

払った保険料は、もはや、還ってこないと言われている中、

男女の夫婦だけを、ここまで優遇しているのですから、

これでは、独身者には払った保険料が還ってくることはありません。

独身者は、もっと声を大にして政府に抗議した方がいいでしょう。

あなたの年金がすべてわかる 2012年版 自由国民版 (人生設計応援mook)あなたの年金がすべてわかる 2012年版 自由国民版 (人生設計応援mook)
(2011/06/28)
自由国民社法律書編集部

商品詳細を見る
kugiri04.gif

それでも、ストレートの独身なら、まだ救われています。

なぜなら、いつか結婚する可能性が残されていますから。

でも、ゲイには、それは望めないことです。

kugiri04.gif

払った保険料を少しでも取り戻したい。

そう思っても、年金制度が大幅に改革でもされない限り無理な話です。

たとえ改革されても、ストレートの夫婦に対する優遇が変わるとは思えません。

今後も、独身者や独身ゲイが負担する保険料は、

ストレートの夫婦の元へと流れ続けるだけでしょう。

kugiri04.gif

それでも、払った保険料を少しでも取り戻したい。

もし、そう思うならば、保険料の免除制度を利用するしかありません。

保険料免除制度は、誰でも利用できるわけではありませんが、

失業したりしたときは利用できるので、

失業時は、必ず利用するようにしましょう。

ゲイならば、可能な限り、この保険料の免除制度を利用して、

極力、年金保険料は払わない方が利口です。


そうすれば、将来、還ってくる年金の額を増額することはできなくとも、

払った保険料に対して還ってくる年金額の割合を増加させることができます。

年金制度は、保険料の免除制度を利用した場合、

保険料の全額を免除してもらっても、

つまり、まったく保険料を払わなくても、

将来、保険料の半額を負担したのと同じだけ還ってくるからです。

(ただし、間違っても保険料滞納はダメです。滞納すると何かあった時、年金を払ってもらえなくなり、かえって損します。必ず免除制度を利用すること。

利用できる人は、可能な限り利用して、

払った保険料を少しでも取り戻しましょう。

kugiri04.gif

ゲイならば、可能な限り、保険料免除制度を利用し、

極力、年金保険料は払わないことです!!!。


それが、ゲイや独身者を不公平に取り扱う年金制度を制定した政府

に対してのせめてもの抵抗というものです。

免除してもらって、手元に残ったお金は、

信用できない運用会社や政府なんかに任せないで、

自己で資産運用しましょう。

その方が、はるかに賢明です。

--- to be continued ---

ブログランキングに参加中!
↓よろしかったらクリックお願いします。

ブログランキング・にほんブログ村へ    ☆⌒(*^-゚)v Thanks!!
スポンサーサイト
Secret
(非公開コメント受付中)

相互リンク募集中!
リンクフリー。下記のバナーをお使いください。
Translate this page
メール待っています。
↓ こちらからお願いします。

名前:
メール:
件名:
本文:

ブログランキング
↓プチッとクリックお願いします。
ブログランキング・にほんブログ村へ
オススメ小説
楽天
最近のコメント
カテゴリー
Amazon.co.jp
最近の記事
月別アーカイブ
リンク
最近のトラックバック
RSSフィード
プロフィール

幸せ家族

Author:幸せ家族
僕 : 正一
パートナー : 幸雄
愛犬 : ショーン
の3人家族です。

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

アクセスカウント
リンク
オススメ LINK


SindBad Bookmarks
オススメ小説
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。