* 全記事リスト *    

2008/06
<<  1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30  >>
感動した映画 ~日本映画がおもしろい~
過去に戻って、未来を変えることができれば・・・・・
と、誰もが思うことだけれど、現実は、過去を振り返っても、未来は何も良くならない。

この映画のように、「地下鉄に乗って」過去へ戻ることができれば・・・・。

あのころ愛した人に、もう一度会えたなら・・・・。

↓切ないENDが、心にジーンと浸みてくる。

地下鉄(メトロ)に乗って THXスタンダード・エディション地下鉄(メトロ)に乗って THXスタンダード・エディション
(2007/03/21)
堤真一

商品詳細を見る

kugiri04.gif

この映画を見るまで、日本映画なんてつまらないと思っていた。

観た後、心底から「観て良かった」という気持ちになった。

心温まる映画「フラガール」。

人は誰でも優しくなれる。

↓今まで観た邦画の中で一番好きな映画。

フラガールスタンダード・エディションフラガールスタンダード・エディション
(2007/03/16)
松雪泰子

商品詳細を見る

---- to be continued ----

★ブログランキングに参加中!応援よろしくお願いします。
↓クリックすると、同性愛のブログランキングが表示されます。

関連記事
スポンサーサイト

テーマ : ★おすすめ映画★
ジャンル : 映画

日本のゲイ映画
ゲイというだけで、蔑み、笑いものにする人は少なくない。

この映画「メゾン・ド・ヒミコ」にも、そういう人が出てくる。

でも、ゲイを笑い者にする人も、また、笑い者にされて落ち込んだりするのも、そんなことは、とてもつまらないことだと、この映画は教えてくれる。
メゾン・ド・ヒミコ 特別版 (初回限定生産)メゾン・ド・ヒミコ 特別版 (初回限定生産)
(2006/03/03)
オダギリジョー

商品詳細を見る
↑ゲイなら見ておきたい映画です。

↓ゲイが主題の邦画は、他にも、こんなにあります。

二十才の微熱二十才の微熱
(2002/03/20)
袴田吉彦

商品詳細を見る

きらきらひかるきらきらひかる
(2004/03/03)
薬師丸ひろ子

商品詳細を見る

おこげおこげ
(2007/02/23)
清水美砂

商品詳細を見る

渚のシンドバッド渚のシンドバッド
(2004/07/30)
岡田義徳

商品詳細を見る

BOYS LOVEBOYS LOVE
(2006/11/24)
斎藤工

商品詳細を見る

ハッシュ!ハッシュ!
(2004/07/10)
田辺誠一

商品詳細を見る

---- to be continued ----

★ブログランキングに参加中!応援よろしくお願いします。
↓クリックすると、同性愛のブログランキングが表示されます。

関連記事

テーマ : ゲイを扱った映画
ジャンル : 映画

女が嫌う男もモテる、G(ゲイ)の世界
僕のパートナーの幸雄は、パッチリした丸い目のデブで、頭はスポーツカットの短髪。
太っているので、顔も丸顔。
お腹も大きくまるいデブ。

こんなタイプの男を、たいていの女性は嫌う。

でも、こんなタイプの男が好きなゲイは、決して少なくない。
いわゆるデブセンは、G(ゲイ)の世界では、どちらかというと多数派。

逆に、女性に大人気のキムタクのようなタイプを好むゲイは少ない。
イケメンは、G(ゲイ)の世界では、それほどモテるタイプではない。
イケメンを好むゲイは、むしろ少数派。

女が嫌う男もモテる、G(ゲイ)の世界
もしかしたら、ゲイに生まれて良かったのかも??。

---- to be continued ----

FC2ブログランキングに参加中!
↓よろしかったらクリックお願いします。

関連記事

テーマ : 嬉しい事っ
ジャンル : ブログ

相互リンク募集中!
リンクフリー。下記のバナーをお使いください。
Translate this page
メール待っています。
↓ こちらからお願いします。

名前:
メール:
件名:
本文:

ブログランキング
↓プチッとクリックお願いします。
ブログランキング・にほんブログ村へ
オススメ小説
楽天
最近のコメント
カテゴリー
Amazon.co.jp
最近の記事
月別アーカイブ
リンク
最近のトラックバック
RSSフィード
プロフィール

幸せ家族

Author:幸せ家族
僕 : 正一
パートナー : 幸雄
愛犬 : ショーン
の3人家族です。

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

アクセスカウント
リンク
オススメ LINK


SindBad Bookmarks
オススメ小説