* 全記事リスト *    

2008/05
<<  1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31  >>
ほっぺたにキスしてくれたら許す!
ゴールデンウイークなのに、今日は仕事。

おまけに残業で、家に着いたときには、12時を過ぎていた。

パートナーの幸雄は、一緒に食事しようと、夕食を食べずに待っていてくれた。

ごめん。遅くなって。
と言うと、

遅かったなあ。お腹へったよ!。
と、不機嫌な顔。

ごめん。どうしても今日中に
片付けなあかん仕事あって・・

と、もう一度あやまると、

ほっぺたにキスしてくれたら、許す!

と、機嫌をなおして笑って、ほおを指差して答えた。
kugiri04.gif

家に帰ってきて、この言葉を聞くと、ほっとする。

幸雄は、いつも、こんな感じだ。

どんなに残業で疲れていても、疲れなんて、吹っ飛んでしまう。

---- to be continued ----

★ブログランキングに参加中!応援よろしくお願いします。
↓クリックすると、同性愛のブログランキングが表示されます。

関連記事
スポンサーサイト

テーマ : 小さな幸せ
ジャンル : ライフ

養子縁組  ・・・生命保険に関して・・・
僕たち二人は、お互いのために生命保険に入っている。

養子縁組するまでは、僕の保険の受取人は母で、
パートナーの幸雄の保険の受け取り人は、
たった一人の肉親の兄になっていた。

でも、養子縁組すると同時に、
二人の保険の受取人を変更した。

姉や母が、僕のためにと、入ってくれて
いた保険も、姉や母の方から、

受取人、岡田(パートナーの姓)さんに変えときよ。

と言って、保険証書を、二人が暮らす
マンションにまで、持ってきてくれた。

今では、僕のすべての保険の受取人は幸雄で、幸雄のすべての保険の受取人は、僕になっている。

愛さえあれば、形式や保険なんか、どうでもいいという人もいると思う。

でも、僕たちは、相手のことを想うからこそ、そうしている。

お互いのつながりが強ければ強いほど、人生のパートナーを失った時の悲しみは大きい。

大切な人を失って、ひとりで生きていく辛さは、容易に想像できる。

どちらかが残されて、ひとりで生きていかなければならなくなったとき、保険は、きっと何らかの役にたつと思っている。

保険のおばさんの話では、保険の受取人は、養子縁組していなくても、お互いを受取人にすることが、可能だそうだけど、その場合、犯罪の可能性を疑われるので保険会社が厳しく調査するという。

でも、養子縁組していれば、何の問題もなく、すぐに手続きできる。

二人の場合、保険のおばさんは、本当は興味津津なんだけど、二人の関係には気づいていないような顔を装いながらも、快く受取人変更の手続きをしてくれた。

二人のどちらかが一人残されるようなことになってしまったとき、生きていく上で、少しでも手助けになればいいと思っている。

---- to be continued ----

★ブログランキングに参加中!
↓応援よろしくお願いします。



↓日本にもパートナーシップ制度があればいいのですが・・・。
聖なる愛を求めて―魂のパートナーシップ聖なる愛を求めて―魂のパートナーシップ
(2001/01)
大内 博、ジョーン・ガトゥーソ 他

商品詳細を見る

<追記>
養子縁組は、市役所に届けるだけで、簡単にできます。

養子になる方は、姓が変わるので、会社勤めの場合は、会社に報告する必要があります。

私が会社へ報告したとき、事務の女性から、
結婚したんですか?
と尋ねられましたが、
遺産相続上の問題で、親族に養子縁組したんです。
と答えたら、
そういう場合もあるそうですね。
と、それ以上、何も追求されたりしませんでした。

姓が変わっても、同僚の接し方も、それまでと全く変わりませんし、理由を追及するような人もいませんでした。

養子縁組にこだわる必要はありませんが、私たち二人は、養子縁組して良かったと思っています。

関連記事

テーマ : 生き方
ジャンル : ライフ

もう浮気なんかしない。
一週間の東京出張。

金曜日に仕事は終了したけど、せっかく東京へ来たのだからと、帰宅は1日延ばして、休日の土曜日は、東京で1日遊んでから帰ることにした。

kabuki01.gif土曜日の午後、東京の街をぶらぶら歩いていると、電話が鳴った。

東京へ来ているんだって。どこかで待ち合わせして会わないか?
と、聞き覚えがない男性の低い声。

でも、きっと東京で、いつか会った遊び相手だろうと思って、
そうですね。会いましょうか?どこがいいですか?

新宿アルタ前で、午後3時にどう?
alta01.gif
あそこ人が多いんですよね。わかるかな?

などと話していると、いつのまにか、声の感じが変わっていることに気づいた。

新宿のアルタ前?
と、聞いてきた声が、さっきまで話していた声と違う。

その声は、パートナーの幸雄の声に変っていた。

しかも、その声は酔っていた。

そしたら、さっきの声は誰?
さっきの声は誰?
と聞くと、
どうせ浮気してると思って、人に頼んで試したんや。
と言う幸雄の声は、泥酔状態だった。

お酒飲んだらあかん言うたやん。飲みすぎたら、糖尿病が悪化するから飲んだらあかんて。

ひとりで寂しかった。そんなこと言うんやったら、浮気なんかせんと、帰ってきたらええやんか。

今まで、浮気しても、ハッテンしても、幸雄は何も言わなかった。
でも、本当は浮気して欲しくなかったのではないか?

その日は、急いで東京から家に帰ることにした。

家に帰って、幸雄に、「ごめん。もう浮気なんか、せえへんから。
と言って、幸雄を抱きしめたら、幸雄の気持に気づかず、幸雄にさみしい思いをさせたことが悲しくて、涙がこぼれてきた。

涙は、どんどんあふれて、止まらなくなり、青い海のようになるまで、あふれて、二人とも、その涙の海におぼれそうになったとき・・・・・。

目が覚めた。

夢だった。

翌朝、
僕が、浮気したりハッテンしたりしても、平気?
と聞くと、幸雄は、
して欲しくない。ハッテンもして欲しくない。
と答えた。
今まで、そんなこと、一言も言わなかったやん。
と言うと、
どうしてもしたいなら、しょうがないけど、
できたら、してほしくないと思ってる。

と言う。

そういう幸雄の気持に、これまで、気付かなかった。

ずっと、幸雄は、別に平気だと思っていた。
浮気なんか、全然気にしていないと思っていた。

夢を見るまで、幸雄のそんな気持に、気付かなかった。

僕は、これまで幸雄を悲しませていたのだ。
これからは、もう、浮気なんかしない

---- to be continued ----

★ブログランキングに参加中!
↓よろしかったらクリックお願いします。

関連記事

テーマ : 生き方
ジャンル : ライフ

相互リンク募集中!
リンクフリー。下記のバナーをお使いください。
Translate this page
メール待っています。
↓ こちらからお願いします。

名前:
メール:
件名:
本文:

ブログランキング
↓プチッとクリックお願いします。
ブログランキング・にほんブログ村へ
オススメ小説
楽天
最近のコメント
カテゴリー
Amazon.co.jp
最近の記事
月別アーカイブ
リンク
最近のトラックバック
RSSフィード
プロフィール

幸せ家族

Author:幸せ家族
僕 : 正一
パートナー : 幸雄
愛犬 : ショーン
の3人家族です。

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

アクセスカウント
リンク
オススメ LINK


SindBad Bookmarks
オススメ小説