* 全記事リスト *    

2017/10
<<  1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31  >>
死んではいけない
昨年も、自殺者が30000人以上。

死んでしまおう」なんて考えたことがある人は、少なくないと思う。

僕もそのひとり。
kugiri04.gif

それは、高校3年生、17歳の時。

理由は、失恋。

相手の男性とは、当時、販売されていた「薔薇族」の文通欄で知り合った。

お腹の出た37歳の中年男性。

海を見たいと言えば、海の見える温泉地へ連れて行ってくれた。

何が食べたいか?

と聞くので、

夜景を見ながら、ステーキが食べたい

と言えば、

100万ドルの神戸の夜景が見える六甲山頂の神戸牛ステーキ専門レストランへ連れて行ってくれた。

実の父親が、自宅には寄り付かないような、家族に愛情のない父親だったせいか、その男性に父親のような優しさを感じ、いつのまにか、誰よりも好きになり、心から慕うようになっていた。

でも、幸せな時間は、短かかった。

付き合い始めて、半年を過ぎたことから、会ってくれなくなった。

その男にとっては、単なる遊びにすぎなかったようだ。

でも、僕は、そのことに気づいても、既に、会いたくてたまらず、会えないことが辛くて堪えられなくなっていた。

それでも、どんなに恋焦がれても、もう決して会えることはなかった。

学校の授業の講義も、まったく耳に入らないほど、ほかの何もかもが、目に入らないほど、何をしていても辛く哀しくて、どうしようもなかった。

死んでしまおう

悲しみに耐えきれず、会えない苦しみから逃れる方法は、それしかないように思えた。

進学も諦めなければならないような経済状況だったこともあり、生きる意味は、もう、何もないように思えた。

睡眠薬一瓶を丸呑みした。

これで、死ぬと思った。
kugiri04.gif

目を覚ますと、白い霧のような中にいた。

白い壁の病室のベッドの上だった。

1日半もの間、こん睡状態だったらしい。

白い霧のような中に、母の顔があった。

お母ちゃんやで。わかるかあ?

その言葉を聞いたとき、

生きていて良かった。」と、心底から思った。

そして、生きていることに安心して、再び眠りに入っていった。

その時、「生きていて良かった。」と感じたこと、それが、自分の本音だと思った。

本当は、生きたいのだ。

生きている以上、本当は、生きたいのだ。
kugiri04.gif

そんなことがあってから、今まで、

何があっても死んだりしない。

そう思って生きてきた。

うつ病になってしまった時も、このままでは、いつ、電車に飛び込んでもおかしくない、それほど、うつ状態になっていたときも、これではいけない、すぐ、治療しなければと、自ら、神経科の病院に行って、薬を飲み、治すことに専念した。

パートナーの協力もあって、うつ病は克服できた。

もし、高校時代の自殺未遂の経験がなかったら、おそらく、このとき、死んでいたろうと思う。

死んではいけない。何があっても。

人は、生きている限り、生きたいという本能を持っている。

余計な事を考える知能があるから、誰もが、その自然の感情を忘れてしまっている。

どんなに辛いことがあっても、死んではいけない。

誰もが、決して自殺はしないでほしいと思う。

---- to be continued ----

FC2ブログランキングに参加中!
↓よろしかったらクリックお願いします。


☆⌒(*^-゚)v Thanks!!
スポンサーサイト

テーマ : 生き方
ジャンル : ライフ

人生まだまだある
ゴールドジムは、ゲイに人気があって、確かに、ゲイが多く来ている。

今日も、二人とも短髪でがちむち体型のゲイカップルが、マシンジムでお互いにサポートしながら、トレーニングしていた。

年齢差がありそうなカップルだったけど、ふたりとも、鍛えた肉体が、とてもセクシーで、とても仲が良く、見ているとちょっと焼けてくるほど。

でも、今日は、スポーツジムに来ているゲイの話ではなく、ジムで出会った女性の話

僕が行っているゴールドジムには、天井がドーム型のガラス窓になったプールがある。
背泳や、横泳ぎで天井を見ながら泳ぐと、窓を通して青空が見える。
sora051902.jpg
天窓のガラスには、プールの水が反射して輝き、青空は、まるで光る海が波打つように見え、とてもきれいだ。

僕は、それを見ながら泳ぐのが好きで、ゴールドジムへ行った時は、必ず、プールで泳ぐことにしている。

今日もいつものように横泳ぎをしていると、天窓に映る青空に見とれてしまい、うっかりして、隣を泳いでいる人に接触してしまった。

あわてて立ち上がり、
すいません。
と謝ると、
私こそ、すいません。泳ぎが下手なもので・・
と謝ってきたのは、プールに入るときに見かけた、上手にクロールで泳いでいた女性だった。

そんなことないですよ。クロールが上手ですよね。
と言うと、
私は、リタイアしてからクロールを覚えたんですよ。
と言う。
josei051801.gif
どう見ても、60才以上には見えない女性だったので、
リタイアしてから?
と驚いたように問いかけると、

私は、リタイアしてからジムに来るようになったんです。
それからクロールを覚えたんです。
リタイアするまでは、仕事が忙しくて、こういうところに来る余裕がなかったんです。
ずっとひとりで生きてきましたから。


一人でですか。
女性が一人で生きていくのは、大変だったでしょう。
今でも女性は、公平に評価されていないところがありますから。


そうです。
私は、それでも、負けるのが悔しかったので、会社も、一度も転職せずに、働いてきたんです。
セクハラとか差別とかもありましたが、正しいと思ったことは、はっきり言って、生きてきました。


偉いです。

私は、リタイアしてから、日本人が一人も住んでいない、アフリカで住んでいたこともあるんですよ。

ひとりでそんな所に住んで、病気したとき、どうしようかなって、不安とかなかったですか?

病気すれば、帰ってくればいいんです。

勇気がありますね。本当に、偉いです。

リタイアしてからは、自分のやりたかったことを精一杯やるようになりました。

僕も、やっと最近、ジムに来れる余裕が出てきました。これまでは、仕事ばかりで、とても、そんな余裕ありませんでした。

「(あなたは)若いからこれから何でもできますよ。

いいえ、僕は、もう若くないです。

まだ、若いですよ。
でも、あっという間に歳はとってしまうので、やりたいことをやった方がいいです。
私は、75歳を超えているんです。


またまたびっくり。
どう見ても、60歳以下に見えるのに、75歳を超えている!?

「(年齢の割に)ずいぶん、体がしっかりしていますね。
と言うと、
来年の桜の花が見れるかなって、いつも思うんですが、それでも、いつまでも丈夫でいたいから、毎日、泳ぎに来ているんです。
そして、
私、ここでは、あまり人と話をしたことがなかったのですが、話ができて、とても楽しかったです。
そう言って、女性は、また、クロールで泳ぎ始めた。

ゴールドジムには、セクシーなトレーニングウェアや、ぴっちりしたスパッツを身につけて、マシンジムで鍛えているガチムチやムキムキマンも、いっぱいいるけれど、こういう女性も来ている。

僕も、もう50歳になり、後、どのくらい、人生、楽しめるかなあと思い始めていたけれど、この女性の話を聞いて、人生、まだまだある、そう思った。

この女性から、前向きに生きていく元気をもらった。

---- to be continued ----

★ブログランキングに参加中!
↓応援クリックよろしくお願いします。


☆⌒(*^-゚)v Thanks!!

テーマ : 楽しく生きる
ジャンル : ライフ

人生、いつも前向きに明るく!
12月より、再びプログラマーで仕事に就けることになった。

何はともあれ、1ヶ月間の失業状態から脱出!

でも、もう、この年齢で、いつまでプログラマーで働けるだろうか?

プログラマー35歳引退説」なんて、誰が言ったか知らないけれど、そんな風に言われていた時代もあった。

今では、世界には、60歳の優秀なプログラマーも大勢いて、「プログラマー35歳引退説」なんて、とっくの昔に否定されている。

それでも、50歳を過ぎたプログラマーを採用する企業は、ほとんどない。

50歳を過ぎたら、プログラマーの仕事に就く事は、極めて難しいのが現実。
kugiri04.gif

そしたら、「65歳まで働きたい!」と思っている僕は、どうしたらいいんだろう?

今後のことを、何か考えなければならない。

歳をとってからでも、できる仕事ってどういうのがあるんだろうか?

「キャリアカウンセラー」「設備管理員」「マンション管理」などならば、歳をとってからでも、できそうだけど、自分にできるのは何?

キャリア・カウンセラーになる!?―キャリア・カウンセラー/キャリア・コンサルタントの全資格 合格情報満載! (How nual―資格がとれる)キャリア・カウンセラーになる!?―キャリア・カウンセラー/キャリア・コンサルタントの全資格 合格情報満載! (How nual―資格がとれる)
(2007/12)
土岐 優美

商品詳細を見る

そう思って「キャリアカウンセラー」について調べたら、この資格を取るには、30万円位の費用がかかる。

受講料が30万円もかかる講習を受けなければ、受験資格が得られない。

こういう資格って、企業が講習で利益を得るために創設した資格のように思えるのは、自分だけだろうか?

それに、講習を受けたからと言って、資格試験に受かるとは限らない。

そんな講習に30万円もかける気になれないので、「キャリアカウンセラー」の資格取得は、やめることにした。

それで「設備管理員」「マンション管理」を考えてみた。

その仕事に就くのに役立ちそうな資格に消防設備士があるが、それなら、受験料だけで試験が受けられるので、挑戦できそうだ。

それに、僕は、第2種電気工事士の資格を持っているので、試験科目のいくつかは免除される。

知りたい!消防設備士 (資格ガイドシリーズ)知りたい!消防設備士 (資格ガイドシリーズ)
(2004/08)
早水 通雄安田 龍平

商品詳細を見る

プログラマーの仕事につけなくなる時は、もう、そこまで来ている。

何かしなければならない。

今、自分でもできそうなこと、消防設備士の資格なら取れそうだ。

何事も挑戦あるのみ!

人生、いつも前向きに明るく行かなきゃ!

そんな風に思えるのも、パートナーがそばにいてくれるからだろうな。
kugiri04.gif

いずれにしても、JOBプラザの職業相談所へ行って、将来について、相談してみようと思っている。

--- to be continued ---

FC2ブログランキングに参加中!
↓よろしかったらクリックお願いします。

テーマ : 資格試験
ジャンル : 就職・お仕事

女性に自立してほしい
前回の記事「ゲイとしてのプライド」でつい女性を批判してしまった。

考えてみれば、付き合っている人の収入がなくなると、愛想をつかし離れていくのは、女性だけではなく、ゲイの中にも、そういう人はいる。

女性とか男性とかは関係なく、その人の人間性の問題だった。
kugiri04.gif

僕が、言いたかったこと、それは、そんなことではなく、「女性に自立してほしい」という願いがあること。

男女の関係の場合、男が、女の収入をあてにしていると、その男は、ヒモと呼ばれる。

逆に、女が、男の収入で生活したとしても、女をヒモとは言わない。

世間では、女が、男の収入で生活するのは、当たり前のこととなっている。

でも、本当に女性は、そのままでいいと思っているの??

僕は、女性に、経済的にも、精神的にも自立して欲しいと強く願っている。

女性の地位が向上して、男性と対等になってほしいと思っている。

女性が、男性に頼るのが当たり前のような慣習が、早くなくなって欲しいと思っている。

でないと、いつまでたっても、女性は、幸福になれないと思うから。

どうして、そんなふうに思うようになったか、それは、不幸な母を見て育ってきたから。

母の時代は、女性が自立するのが、とても困難な時代だった。

たいして愛していなくとも、生活のために、男と一緒にならなければならないところがあった。

まるで、そんな時代の女性となんら変わることなく、肩書きや、収入で男を選んでいるなんて、女性が惨めだと思う。

だから、僕は、女性に、経済的にも、精神的にも自立して欲しいと強く願っているのです。

だから、男の収入がなくなると交際を断るような女性が、いまだにいると思うと、悲しい気持ちになってくるのです。

そのへんのところ、女性にも理解して欲しい。

kugiri04.gif

前回の記事「ゲイとしてのプライド」では、つい女性を批判してしまったけれど、すべての女性をそんなふうに思っているわけではない。
世の中には、とても素晴らしい女性もいっぱいいる。
たとえば、昭和の伝説のアイドル「山口百恵」。

山口百恵 ベストコレクション Vol.2山口百恵 ベストコレクション Vol.2
(2007/07/20)
山口百恵

商品詳細を見る

テレビやマスコミで報道されることしかわからないので、推測のところもあるとは思うけれど、彼女の生き方は、とても誇らしい。
アイドルとして大成功し、もし、引退しなければ、今でも、間違いなく大スターだったに違いない。
それでも、彼女は、そんなものをあっさり捨てて、家庭に入り、一人の男性とともに生涯を生きる道を選んだ。

女性には、自立して、男性と同等の仕事を持ち、男性と対等に生きていくという生き方もある。
僕自身は、女性は、男性に頼るのではなく、経済的にも精神的にも自立して欲しいと強く思っているので、そういう生き方ができる女性を尊敬している。

でも、彼女のように、自立する力が充分にありながらも、一人の男性のために生きる、そんな生き方もとても美しいと思うし、そんな生き方を選んだ「山口百恵」は、とても素晴らしい女性だと思う。

そして、彼女は、誰よりも幸せな女性に違いない。

--- to be continued ---

FC2ブログランキングに参加中!
↓よろしかったらクリックお願いします。

テーマ : 生き方
ジャンル : ライフ

夢が終わるのは死ぬとき ~いつまでも希望を持っていたい~
↓61歳で、大ヒットを飛ばし、夢を実現した歌手の秋元順子さん。

秋元順子コンサートツアー2008「愛のままで…」 [DVD]秋元順子コンサートツアー2008「愛のままで…」 [DVD]
(2008/11/26)
秋元順子

商品詳細を見る

夢は、いつ実現するか、誰にもわからない。

どんな大きな夢でも、実現できないなんて、誰にもわかるはずもない。

夢が終わるのは死ぬとき。

だから、いつまでも、希望を持って生きていきたい。

今、僕は、失業していて、プログラマーという職業から、年齢相応の仕事に転職を考えているけれど、だからといって、人生の希望を失うわけではない。

夢は、いくらでもある。

それは、いつ、かなうともしれない。

でも、決して夢はかなわないなんて、誰にもわかるはずない。

だから、夢を諦めることなく、いつまでも、希望を持って生きていきたい。

秋元順子さんは、歌手になりたい希望をいつまでも捨てなかったし、人生を遠回りしたとも思っていないという。

秋元順子さんは、これまでの人生も、夢をもって楽しく生きてきたとか・・。

そう、夢が終わるのは死ぬとき。だから、いつまでも希望を持って生きていきたいと思う。

--- to be continued ---

FC2ブログランキングに参加中!
↓よろしかったらクリックお願いします。

相互リンク募集中!
リンクフリー。下記のバナーをお使いください。
Translate this page
メール待っています。
↓ こちらからお願いします。

名前:
メール:
件名:
本文:

ブログランキング
↓プチッとクリックお願いします。
ブログランキング・にほんブログ村へ
オススメ小説
楽天
最近のコメント
カテゴリー
Amazon.co.jp
最近の記事
月別アーカイブ
リンク
最近のトラックバック
RSSフィード
プロフィール

幸せ家族

Author:幸せ家族
僕 : 正一
パートナー : 幸雄
愛犬 : ショーン
の3人家族です。

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

アクセスカウント
リンク
オススメ LINK


SindBad Bookmarks
オススメ小説