* 全記事リスト *    

2017/08
<<  1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31  >>
男が男を愛して、 女が女を愛して何が悪い?!
佐良直美がタレントのキャッシーと同性愛の関係にあることを報道され、テレビから姿を消してから、約30年になる。

久しぶりに、彼女の昔の曲を聞いていたら、その抜群の歌唱力に感動した。

子供のころは幼すぎて、気づかなかったけれど、彼女は、こんなに歌がうまかったのだ。

これほどの歌唱力のある歌手を、人々は、テレビから遠ざけてしまった。

ただ、女性とのスキャンダルというだけで・・・。

まるで中東のどこかの国のように、その時代の日本人は理解がなかった。

時代が悪かった。

誤った時代が、めったに現れることのない才能をブラウン管から消してしまった。

男が男を愛して、 女が女を愛して何が悪い?!

その時代の人々は、間違った偏見で、すばらしい才能をなくしてしまった罪に気づかねばならない。

そして、もう、2度とそんな過ちを犯して欲しくないと思う。

ただ、佐良直美、彼女自身は、世間の愚かな人々なんかに潰されることなく、今も、実業家として活躍していることが嬉しい。

↓彼女のすばらしい歌唱力を聞いてみて欲しい。



--- to be continued ---

FC2ブログランキングに参加中!
↓よろしかったらクリックお願いします。


☆⌒(*^-゚)v Thanks!!
スポンサーサイト
いつか、看護が必要な歳になったとき、男同士で堂々と充分に看護できるかな?
長門裕之が愛妻の南田洋子を看護していたことは、当然のように、美談に。

でも、もしも、僕たちの一方が、看護が必要な状態になったときに、懸命に看護したとしても、それは美談になるだろうか??

男同士の看護が、どんな目で見られるだろう?

幸雄が入院したとき、看病したくても、同じ病室の患者や、看護士の手前、いつまでも、病室にいて看病するなんてできることではなかった。

それが現実。

kugiri04.gif

今、僕の最大の心配事、それは、いつか、どちらかが看護が必要な状況になってしまったとき、堂々と充分に看護できるかどうか。

もう、お互い、それほど若くないし、老後を考えなければならない歳になってきている。

いつか、そんな歳になったとき、男同士でも、堂々と看護ができる社会になっていてほしいとただ願うばかり・・・・・。

--- to be continued ---

FC2ブログランキングに参加中!
↓よろしかったらクリックお願いします。


☆⌒(*^-゚)v Thanks!!
ふたりの子どもが欲しい。
海の向こうでは、男同士で子供を育てていても、少しも、不思議なことではない。

アメリカでは、男同士のカップルでも、養子を迎えることができる。

どうして、日本では、それができない??

僕らも、養子を迎えることができたなら、きっと、そうしていたと思う。

日本の政治家たちの頭も、一般日本人の意識も、カチコチの石頭です。

この日本、少子化で子どもが少なくて困っているなら、男同士でも、せめて、養子を迎えられるようにしてほしいものです。

日本でも、男同士で子供を育てることが少しも不思議ではない・・・そんな時代が、早く来てほしいと願うばかり。

↓世界的歌手のエルトンジョンは、代理ママ出産で待望の子供を授かりました。


--- to be continued ---

ブログランキングに参加中!
↓よろしかったらクリックお願いします。

ブログランキング・にほんブログ村へ    ☆⌒(*^-゚)v Thanks!!
ゲイには、損な年金制度!! (ゲイには払っただけ還ってこない)
ゲイならば、可能な限り、年金保険料は免除申請して、

出来る限り、年金保険料は払わない方がお得です。


kugiri04.gif

社会保険の勉強をしてわかったことです。

40歳からの年金基礎勉強 (小学館文庫)40歳からの年金基礎勉強 (小学館文庫)
(2000/02)
富士総合研究所生活社会動向プロジェクト

商品詳細を見る

kugiri04.gif

年金制度は、ストレートの夫婦を極めて手厚く優遇し、

一方で、独身者をないがしろにしています。

kugiri04.gif

たとえば、ストレートの夫婦の妻は、

生涯、1円も保険料を負担していなくても、

老後には、満額の年金を受け取れたりします。

1円の保険料も負担していないなら、このお金は、いったいどこから出てくるのか?

それは、独身者が負担している保険料などで賄っているのです。

つまり、独身者が払っている保険料は、

ストレートの夫婦の手元へと流れているということです。

kugiri04.gif

ストレートの夫婦を優遇しているケースは、

他にもいっぱいあります。(加給年金、配偶者特別加算等、他)

妻帯者を優遇している理由は、年金制度が制定されたころは、

生活の一般的なスタイルは夫婦であり、

その生活を維持しているのは男性であったため、

妻である女性を救済する意味がありました。

でも、独身者が多く、また、男女雇用機会均等で、

女性も積極的に社会に進出している今の時代に、

ストレートの夫婦をここまで優遇するのは行き過ぎだし、もはや時代遅れです。

生活保護受給者でも、夫婦より独り者の老人の方が多く、

救いが必要なのは、老夫婦より独り者のはずです。

にもかかわらず、現在の年金制度は、老夫婦のためにつくられたもので、

独身者は、その食い物にされていると言っても過言ではありません。

kugiri04.gif

ただでさえ、少子化と平均寿命の延びなどで、年金の財源が底をつき、

払った保険料は、もはや、還ってこないと言われている中、

男女の夫婦だけを、ここまで優遇しているのですから、

これでは、独身者には払った保険料が還ってくることはありません。

独身者は、もっと声を大にして政府に抗議した方がいいでしょう。

あなたの年金がすべてわかる 2012年版 自由国民版 (人生設計応援mook)あなたの年金がすべてわかる 2012年版 自由国民版 (人生設計応援mook)
(2011/06/28)
自由国民社法律書編集部

商品詳細を見る
kugiri04.gif

それでも、ストレートの独身なら、まだ救われています。

なぜなら、いつか結婚する可能性が残されていますから。

でも、ゲイには、それは望めないことです。

kugiri04.gif

払った保険料を少しでも取り戻したい。

そう思っても、年金制度が大幅に改革でもされない限り無理な話です。

たとえ改革されても、ストレートの夫婦に対する優遇が変わるとは思えません。

今後も、独身者や独身ゲイが負担する保険料は、

ストレートの夫婦の元へと流れ続けるだけでしょう。

kugiri04.gif

それでも、払った保険料を少しでも取り戻したい。

もし、そう思うならば、保険料の免除制度を利用するしかありません。

保険料免除制度は、誰でも利用できるわけではありませんが、

失業したりしたときは利用できるので、

失業時は、必ず利用するようにしましょう。

ゲイならば、可能な限り、この保険料の免除制度を利用して、

極力、年金保険料は払わない方が利口です。


そうすれば、将来、還ってくる年金の額を増額することはできなくとも、

払った保険料に対して還ってくる年金額の割合を増加させることができます。

年金制度は、保険料の免除制度を利用した場合、

保険料の全額を免除してもらっても、

つまり、まったく保険料を払わなくても、

将来、保険料の半額を負担したのと同じだけ還ってくるからです。

(ただし、間違っても保険料滞納はダメです。滞納すると何かあった時、年金を払ってもらえなくなり、かえって損します。必ず免除制度を利用すること。

利用できる人は、可能な限り利用して、

払った保険料を少しでも取り戻しましょう。

kugiri04.gif

ゲイならば、可能な限り、保険料免除制度を利用し、

極力、年金保険料は払わないことです!!!。


それが、ゲイや独身者を不公平に取り扱う年金制度を制定した政府

に対してのせめてもの抵抗というものです。

免除してもらって、手元に残ったお金は、

信用できない運用会社や政府なんかに任せないで、

自己で資産運用しましょう。

その方が、はるかに賢明です。

--- to be continued ---

ブログランキングに参加中!
↓よろしかったらクリックお願いします。

ブログランキング・にほんブログ村へ    ☆⌒(*^-゚)v Thanks!!
日本では、まだまだゲイは差別されています!!
今週、7月21日(日)放送の

新婚さんいらっしゃいに初の同性カップルが登場

ゲイならば、見逃せません。

同性婚が認められているフランスならではのカップルです。

kugiri04.gif

今では、G7(先進国7ヵ国)の中で、

同性間の結婚の権利が認められていないのは日本だけ。

オネエマンがテレビで活躍したり、ゲイカップルが登場したり、

日本人の同性愛者への偏見は減少してきました。

それでも、日本では、ゲイの法的権利に関しては何も認められていないのです。

kugiri04.gif

社会保険制度は男女の夫婦を基準とした家族を

保護するものとして制度化されているため、

ゲイである独身者の保護は手薄になっています。

その救済措置は公平とは言い難いものになっています。

社会保険制度においてもゲイは差別されているのです。

kugiri04.gif

私は、ゲイとしてまた社労士として

何かできないだろうかと思っています。

当ブログの読者の方にも同じような気持ちの方が

いらっしゃいましたらメールをお待ちしています。

--- to be continued ---

ブログランキングに参加中!
↓よろしかったらクリックお願いします。

ブログランキング・にほんブログ村へ    ☆⌒(*^-゚)v Thanks!!
相互リンク募集中!
リンクフリー。下記のバナーをお使いください。
Translate this page
メール待っています。
↓ こちらからお願いします。

名前:
メール:
件名:
本文:

ブログランキング
↓プチッとクリックお願いします。
ブログランキング・にほんブログ村へ
オススメ小説
楽天
最近のコメント
カテゴリー
Amazon.co.jp
最近の記事
月別アーカイブ
リンク
最近のトラックバック
RSSフィード
プロフィール

幸せ家族

Author:幸せ家族
僕 : 正一
パートナー : 幸雄
愛犬 : ショーン
の3人家族です。

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

アクセスカウント
リンク
オススメ LINK


SindBad Bookmarks
オススメ小説