* 全記事リスト *    

2017/08
<<  1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31  >>
生きていたころの母のために、花を供える。
母が亡くなって、5カ月が過ぎ、

早くも初盆です。

亡くなってしまった今、

お盆だからと言って、

花を供えたり、お坊さんに拝んでもらったりして

どんな意味があるんだろうと

思ってしまう。

それでも、亡くなってしまった母のためではなく

生きていたころの母のために

と考えれば意味があるような気がしてきます。

遺影に使ってほしいと

生きているうちに、気に入った写真を撮っておいたり

お葬式の準備をしておく人が少なくありません。

死んでから、恥をかかないように

死んでからも、尊厳を失わないように

それが、人のプライドなのかも。

とすれば、

亡くなってしまった母のためではなく

生きていたころの母のために花を供える

と考えれば意味があるような気がしてきます。

生きていたころの母のために

花をそなえる。

私は明日、生きていたころの母のために

母の墓前に花を供えたいと思います。

ブログランキングに参加中!
↓よろしかったらクリックお願いします。

  ☆⌒(*^-゚)v Thanks!!
関連記事
スポンサーサイト
株式投資をしていたおかげで、少し経済的に助かったところがあります。
相方に出会い、一緒に生活するようになって

早くも30年が過ぎましたが、

男同士二人だったこともあり

僕の方は、たいして真面目に働いてこなかったにもかかわらず

経済的に困るようなことはありませんでした。

ほんのわずかではあるけれど、株式投資する余裕もあったことから

少しの金額ではあるけれど、僕は、10年以上も前から

株式投資をしていました。

相方は5年も前からすでにリタイアして年金生活。

私の方は、ここ2,3年の間、病気のため休養していたことから

このところ収入が激減していましたが、

株式投資をしていたことで

少なからず、経済的には助かったところがあります。

そのため、せっかくの株式投資の利益の大半が

消えてしまいましたが、

このところの株式の活況のおかげで

今も細々と株式投資を続けています。

今後も利益を上げられるかどうかはわかりませんが

余裕資金の範囲内で、火傷しない程度で

続けていきたいと考えています。

株式ブログも書いていますので

そちらもよろしくお願いします。

↓株式ブログはこちら
未来へ投資

ブログランキングに参加中!
↓よろしかったらクリックお願いします。

  ☆⌒(*^-゚)v Thanks!!
関連記事
ブログ再開します。
母が亡くなってから、早くも三ヶ月が過ぎました。

忙しい日々が続いていましたが、

ようやく落ち着いてきました。

数ヶ月もの間、ブログ更新を怠っていましたが

再開したいと思っています。

私は、今は、昨年の手術の経過は良好で

当面は健康な生活が送れそうです。

人生なんて、いつ何があるかわかりませんが

新たな人生の目標を探そうと思っています。

というのは、気が付けば、もはや60歳という還暦に達し、

自分が今やるべきことが何かわからなくなっているのです。

何か夢中になれるものを見つけたい。

これが、現在の私の心境です。

そして、相方は・・・と言えば、

愛犬の世話と家事だけの

毎日、ゆったりとした生活を送っています。

相方との生活は、

誰とも変わらない、

ごく普通のごく平凡な生活が

今も続いています。

ブログランキングに参加中!
↓よろしかったらクリックお願いします。

  ☆⌒(*^-゚)v Thanks!!
関連記事
相方だけが心の支え
今年に入ってから、母の容態が悪かったため

2か月もの間、

ブログ記事を書く余裕がありませんでしたが、

その母がとうとう先週末に亡くなり、

先日、葬式を終えて

母を安らかに見送りしました。

この歳になっても母親の死はこたえるようで

葬式を終えた後でも、

時おり涙がこみあげてくることがありました。

kugiri04.gif

母が亡くなった今、これからの人生は

相方だけが心の支えです。

相方への思いはより強くなりました。

ブログランキングに参加中!
↓よろしかったらクリックお願いします。

  ☆⌒(*^-゚)v Thanks!!
関連記事
恋愛の対象は? と聞かれたら、「性別は問いません。でも、今は相方だけです。」と答える。
年齢のせいか、

近頃、恋愛の対象は、男でも女でも、

そんなことどうでもいいと思うようになりました。

年齢とともに性的な関心はだんだんと失せてきて

子どものころのような純心な感覚に近づいてきたのかもしれません。

時代もそんな時代になってきているように思います。

それでも私の場合は、

深く信頼し心のすべてを許せる人は、

やはり相方だけです。

ブログランキングに参加中!
↓よろしかったらクリックお願いします。

  ☆⌒(*^-゚)v Thanks!!
関連記事
相互リンク募集中!
リンクフリー。下記のバナーをお使いください。
Translate this page
メール待っています。
↓ こちらからお願いします。

名前:
メール:
件名:
本文:

ブログランキング
↓プチッとクリックお願いします。
ブログランキング・にほんブログ村へ
オススメ小説
楽天
最近のコメント
カテゴリー
Amazon.co.jp
最近の記事
月別アーカイブ
リンク
最近のトラックバック
RSSフィード
プロフィール

幸せ家族

Author:幸せ家族
僕 : 正一
パートナー : 幸雄
愛犬 : ショーン
の3人家族です。

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

アクセスカウント
リンク
オススメ LINK


SindBad Bookmarks
オススメ小説